Lab

LAB

– 研究開発 –
わたしたちは将来のエコサイクルシステムに向けた研究開発を日々行っています。

 

{ MaaS (Mobility as a Service) | 次世代モビリティー事業 }

{ VPP | 分散型電力制御システム & 蓄電池の販売 }

{ AI & Ad Technology | 人工知能 & アドテクノロジー }

{ Ambient Advertising | 環境広告 }



Programmatic Project One;

AI & AD TECHNOLOGY

人工知能 & アドテクノロジー


昨今、アドテクノロジー(広告におけるテクノロジー)は様々な形で、取り入られています。

ビジョナリー・デザインでは、テレビ・モバイル・インターネットを含む、従来の広告枠と言われている領域に限定することなく、屋外広告(屋外サイネージ)も含めた世の中の存在する全てを対象としています。

それは現実世界だけではなく、デジタル空間も含まれます。これまで広告枠をより有効的に配信する為に「アドネットワーク」が普及が進みましたが、それらを自在に組み合わせて、一つのデジタルキャンペーンのように出来るようになりました。

私たち、ビジョナリーデザインは、これまでのアドテクノロジーに加えて、新しい技術革新を取り入れ、さらにテクノロジーを駆使することで、広告主となる企業の目的を達成し、効率的かつ効果的にインターネット上に広告を出稿、利益の増加や商品やサービスの認知率を上げていきます。

さらに、AI(人工知能)を活用した、次世代のアドテクノロジーを開発し、実証を重ねています。

Programmatic Project One;

AI & AD TECHNOLOGY

人工知能 & アドテクノロジー

昨今、アドテクノロジー(広告におけるテクノロジー)は様々な形で、取り入られています。

ビジョナリー・デザインでは、テレビ・モバイル・インターネットを含む、従来の広告枠と言われている領域に限定することなく、屋外広告(屋外サイネージ)も含めた世の中の存在する全てを対象としています。

それは現実世界だけではなく、デジタル空間も含まれます。これまで広告枠をより有効的に配信する為に「アドネットワーク」が普及が進みましたが、それらを自在に組み合わせて、一つのデジタルキャンペーンのように出来るようになりました。

私たち、ビジョナリーデザインは、これまでのアドテクノロジーに加えて、新しい技術革新を取り入れ、さらにテクノロジーを駆使することで、広告主となる企業の目的を達成し、効率的かつ効果的にインターネット上に広告を出稿、利益の増加や商品やサービスの認知率を上げていきます。

さらに、AI(人工知能)を活用した、次世代のアドテクノロジーを開発し、実証を重ねています。

Programmatic Project Two;

VPP | Energy Management System & Storage battery Sales

分散型電力制御システム & 蓄電池の販売


再生可能エネルギーの可能性は無限大であり、地球温暖化や環境問題に対する課題解決として、今後将来、化石燃料からの脱却は、必要不可欠です。

一方で、太陽光発電の、FIT切れにより、今後は、売電から、自家消費へとシフトしていきます。

この意味は、これまで電気を買う、という行為から、自分たち自身で、電気を作り、貯めて、必要な時に使う。もしくは、みんなで分け合う、という思想が根付いていく潮流でもあります。

また、各家庭や施設で、作られた電気を分け合うことで、地域課題も解決できると考えています。

私たち、ビジョナリー・デザインは、将来のエコサイクルの基盤技術と捉え、「売電の取引制御」、「仮想発電所(VPP)」、電気自動車のバッテリーからインフラへの電力を受給制御する「V2G(Vehicle to Grid)」などのエネルギー制御システムの開発と、高性能な蓄電池の販売・設営・メンテナンスなどの一気通貫を目指し、地産地消への応用を試みています。



Programmatic Project Two;

BLOCKCHAIN ENERGY SYSTEM

ブロックチェーン・エネルギー制御システム

ブロックチェーンとは、ビットコインのような仮想通貨を支える基盤技術であり、基本的には分散型のネットーワーク内で機能します。

膨大な数のエクセルファイルとも言われ、高いセキュリティを保ちながら、情報を大量に送信したり、付け加えたりできることが可能であり、破壊することは誰にもできません。

この特性を活かし、金融分野だけに留まらず、様々な業界・領域に、このテクノロジーを生かす研究が進められています。

ブロックチェーンは、本質的には膨大な取引台帳であり、分散型ネットワークの形式で運営されるオープンな共有データベースです。

ビジョナリー・デザインは、将来のエコサイクルの基盤技術と捉え、「売電の取引制御」、「仮想発電所(VPP)」、電気自動車のバッテリーからインフラへの電力を受給制御する「V2G(Vehicle to Grid)」などのエネルギー制御システムへの活用を中心に、インターネット広告の透明性を実現するサービスや、食品や衣料品などの安全性・模造品の撲滅、シェアリングビジネスの数々にその応用を試みています。



Programmatic Project Three;

AMBIENT ADVERTISING

環境広告


「アンビエント」(ambient)とは日本語で「周辺の」や「環境の」を表す意味です。

「環境になじんでいる広告」を指し、広告媒体として認識されていないモノの機能をそのままに、それでいてメディアとして活用している広告です。

従来の媒体でも、その使い方が斬新な場合もアンビエント広告として扱われることもあります。アンビエント広告のメリットは「消費者の生活に溶け込み、普段目にしているモノ」が広告メディアとなるため、消費者に受け入れられやすい点です。

すでに初まっていますが、これからの時代、従来でいう「広告枠」という「枠組み」はなくなると考えています。

つまり「普段目にしているモノ」が斬新な形で広告となっていることで、消費者に驚きも提供することができます。

広告を制作する側にとっても、斬新で面白い広告であれば、口コミやソーシャルメディアでの拡散や、各種メディアにも取り上げられやすくなり、結果的に広告の費用対効果の大幅な向上も期待できます。

Programmatic Project Three;

AMBIENT ADVERTISING

環境広告

「アンビエント」(ambient)とは日本語で「周辺の」や「環境の」を表す意味です。

「環境になじんでいる広告」を指し、広告媒体として認識されていないモノの機能をそのままに、それでいてメディアとして活用している広告です。

従来の媒体でも、その使い方が斬新な場合もアンビエント広告として扱われることもあります。アンビエント広告のメリットは「消費者の生活に溶け込み、普段目にしているモノ」が広告メディアとなるため、消費者に受け入れられやすい点です。

すでに初まっていますが、これからの時代、従来でいう「広告枠」という「枠組み」はなくなると考えています。

つまり「普段目にしているモノ」が斬新な形で広告となっていることで、消費者に驚きも提供することができます。

広告を制作する側にとっても、斬新で面白い広告であれば、口コミやソーシャルメディアでの拡散や、各種メディアにも取り上げられやすくなり、結果的に広告の費用対効果の大幅な向上も期待できます。